ものづくり補助金とは?

ものづくり補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

3次締切において、新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者に対して、通常枠とは別に、補助率を引き上げ、営業経費を補助対象とした「特別枠」を設け、優先的に支援します。

さらに、業種別のガイドラインに基づいた感染拡大予防の取組を行う場合は、定額補助・上限50万円を別枠(事業再開枠)で上乗せします。

①申請方法 本補助金の申請には
GビズIDプライムアカウントの取得が必須となります。
お持ちで無い場合は、IDの取得をお願いいたします
②補助対象者 歯科、美容外科、皮膚科、眼科等の個人事業主
※医療法人は対象外
③公募期間 応募締切:2020年8月3日(月)17時 
定員5名限定
※7月20日までにお申込み下さい。
④補助率 [通常枠] 中小企業者 50%、小規模企業者・小規模事業者 67%
[特別枠] A類型 67%、 B・C類型 75%
⑤補助金額 最大1,000万円
⑥補助対象経費

機械装置・システム構築費、技術導入費、
専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費
原材料費、外注費、知的財産権等関連経費

[特別枠] +広告宣伝費・販売促進費

⑦採択 特別枠で不採用になっても通常枠で優先的に採択
⑧感染症防止対策 最大50万円(特別枠の場合に限り、事業再開枠の上乗せが可能)
⑨報酬について 着手金:10万円(税別)⇒着手金0円。医師のともの会員様 無料
・成功報酬:給付された補助金の金額の15%
※但し下限70万円。
⑩先端設備等
導入計画

採択後:今年度より、加点ではなくなりましたが
先端設備導入計画を取得することで
該当設備の
固定資産税が3年間ゼロになるのでお得です。
(申請代行費用別途)

公募要領(一般型(特別枠含む))

設備対象事例 

※様々な医療機器が対象になる可能性がありますので、お気軽にお問合せ下さい。
医療機器に革新性がり、導入することで生産性・売上が伸びる取組であるかというところがポイントです。

スケジュール

サービスの流れ

①お申込み(全国対応)
ヒアリングをさせて頂き、事前に採択されないと判断した場合はお知らせ致します。
②経営・事業の現状分析
ご訪問・お電話・メール・テレビ会議(Zoom)等でヒアリングさせて頂きます。資料提供等もご協力ください。
③資金繰り・資金調達方法の決定
申請し採択された場合、資金調達が見込めそうか精査致します。
④融資を検討している場合は金融機関への事前相談アドバイス。※手元資金を活用する場合は⑥へ
ものづくり補助金における資金調達支援。②③を基に提案致します。
⑤資金調達確約の取付
採択された場合に必要となる融資をあらかじめ金融機関に説明し確約を取り付けます。
⑥ものづくり補助金申請書作成支援
②を基にものづくり補助金申請書作成の支援を行います。
⑦ものづくり補助金採択決定(フォローアップ)
採択決定後成功報酬をお支払い頂きます。必要に応じて金融機関への融資の申し入れ、設備導入の準備を開始します。
⑧設備導入(フォローアップ)
事前準備を基に必要設備の購入、設置を進めます。
⑨補助金請求(フォローアップ)
設備導入完了後、実績報告をします。
⑩補助金振込手続き(フォローアップ)
事務局(国)が実施報告を精査し交付額確定を経て、補助金の支払いが行われます。※実績報告後2~3か月程度かかります。

よくある質問

革新的な役務提供等とはどういうことでしょうか?
自社になく、他社でも一般的ではない、新たな役務を取り込んだ(取り入れたも含む)新サービス、新商品開発や新生産方式をいいます。
他制度に同様の設備導入で補助金を申し込んでいる場合はどうなりますか?
他制度にも応募中の案件(採択が決定されていない案件)については、他制度の採択を辞退すれば、当該補助金は申請の対象となります。
補助金申請には認定支援機関の支援が必要になりますがどのようなものでしょうか?
申請の際に認定支援機関の確認書が必要になりますが、弊社専門家が認定支援期間として登録済みですのでご安心ください。なお、資金調達が必要な際は金融機関に確認書の記載を依頼することもございます。
全体の予算額は?各締切毎の採択数は?
本事業は、令和元年度補正予算3,600億円及び令和二年度補正予算700億円の一部として実施するものです。「生産性革命推進事業」の他の事業と厳密な内訳はなく、制度変更の状況や中小企業の取組み状況に応じて柔軟に予算を配分していく予定です。
採択倍率は?締切毎に有利・不利はある?
採択倍率は申請の状況によって変化しますが、これまでに実施した同補助金では、2~3倍で推移してきました。各締切分で倍率が変動することはありえますが、仮に不採択であっても、次の締切にご申請いただくことは可能です。特別枠は優先的に採択されます。
審査項目の配点は?
詳細な配点は非公開となっておりますが、審査員が、事業計画を技術面及び事業化面を中心に評価し、採択案件を決定します。
人件費や土地・建屋の費用は対象?
本補助金の対象経費に、人件費や土地・建屋の費用は含まれません。事業実施場所を予め確保いただき、その場所で実施する事業のための設備投資等が補助対象となります。

ご応募は余裕を持ってお願いいたします。定員5名

コロナ特別ものづくり補助金申請支援サービス

革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。設備投資等の費用に対して3/4(もしくは2/3)まで補助金が国から支給されます。 支給される補助金は最大1,000万円です。

例1) 1,340万円の機械を購入する場合1,000万円補助

※諸条件を満たして3/4補助となった場合
※要件によっては1,000万円以上の補助の場合もあります